Struggle

Bass Fishing log
2013年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年01月
TOPスポンサー広告 ≫ Handbook of Strategies Chapter4 THE PRE-SPAWN PERIODSTOPSmallmouth ≫ Handbook of Strategies Chapter4 THE PRE-SPAWN PERIODS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Handbook of Strategies Chapter4 THE PRE-SPAWN PERIODS

Early Pre-spawn:7-8℃
Mid Pre-spawn:8-10℃
Late Pre-spawn:10-12℃

水温が上がってくると、Smallmouthはシャローをクルージングします。
それは産卵場所を見て回るため、産卵中のザリガニを探すためなどです。
水温がさらに上がり傾向になってくると、オスもメスも積極的に捕食活動します。

9℃になると本格的にMid-Spawnへ移行し、大部分はシャローへ移動します。

rock,reeds,docks,fallen tree or other cover may all draw fish. Male and female fish are shallow;they're feeding, moving,scouting,and very aggressive.
Prime areas that concentrate fish will be well protected from excessive wave action and usually have a
harder bottom content such as sand, gravel, broken rock or rubble.
However,smallmouth will use other bottom types depending on habitat availability.



オスもメスもとても活発となる。
そのエリアとしては、波から守られた砂、砂利、岩などの固い底の場所がよい。
ただし、状況に応じてスモールマウスは別の場所(底質)を選択するだろう。

この時期も重要なのは日照時間によるあたたかさ。
これがホルモンレベルを変え、卵を作らせる。

このようなプロテクトされた水域が重要である。
水が温められやすく、波から守られてある場所であるため産卵にも向くだろう。
たとえ底質が固くなくても有効なエリアと呼べる。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。