Struggle

Bass Fishing log
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Fishing memo
CATEGORY ≫ Fishing memo
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

書籍:魚の行動習性を利用する 釣り入門

魚を釣るためには、まずは相手を知ること。

仕事帰りに図書館に寄って、淡水魚に関わる本を探す。
知りたかったのはわかさぎの生態。
関する本を探したのだがない。
そこでこんな本を借りてみた。

魚の行動習性を利用する 釣り入門―科学が明かした「水面下の生態」のすべて (ブルーバックス)魚の行動習性を利用する 釣り入門―科学が明かした「水面下の生態」のすべて (ブルーバックス)
(2011/04/21)
川村 軍蔵

商品詳細を見る



著者である 川村 軍蔵 さんは、鹿児島大学水産学部教授。
魚類行動生理の研究をされています。
その研究実験結果から、魚の視力、色覚、紫外線の影響、餌への反応などが説明されています。

こんなことは実験で大体わかってるけど、実際試してみるとどうなるか釣り人の皆さんどうです?
自然界の中での膨大なデータや記録があるわけではないし、その生態が釣果に影響するものとは言い切れません。
あくまで研究結果からわかった事実だが自然の中では実際どうでしょうね?
極端に言うとこんな感じで、単純に面白い。

ぼんやりと「多分こういう生態」と考えていたことが、「やっぱりそうなんだ」と頷いて読む。

あまり考えていなかったことが、「おそらくこういう生態でしょう」と提示され、それをあれこれ実際に釣りをした時のことを妄想して読む。

「コイツはこういう生態なんですが・・」とサラっと書いてあることが知らなくて、「えーそうなんだ」とまた色々妄想して読む。


某釣り雑誌のように、釣り道具のカタログ・新製品宣伝しかないものを眺めるより、よっぽど釣りのことを考えさせてくれるものです。

基本として、生態を知り、その確認を実際に確かめる。
その結果が釣果になる。

日本はあちこちにわかさぎが放流され、わかさぎを捕食しているバスが多いはずなのだが、わかさぎの生態を詳しく説明したものがないのはなぜ?

図書館にもなかったし、漁協の報告書なんかをネットで探してみることにします。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。